TOP > 本当に必要なリフォームとは? > 03.当たり前の事を確実に行う

POINT.02 最適な方法とは?

最適な方法とは?

03.当たり前の事を確実に行う
リフォームをする事は何も特別の事ではありません。
むしろ入居者獲得のためには当たり前の事ではないでしょうか?
建物は木造・RC造にしろ放置していれば、ドンドン見栄えが悪くなっていきます。
わが子に接する親のように大切に育てる事が重要です。
物件も定期的に手入れをすれば、より良い状態を保つことができ当然建物も長持ちします。
賃料維持ができれば思わぬメリットが生まれます。
当たり前のように当たり前の事を行えば、賃料の下落は最小限に抑える事ができるでしょう。
賃料の下落を抑える事ができれば【入居者の質】も下がらないですみます。
【入居者の質】が下がらなければ家賃滞納や入居者間のトラブルも少なくなりますので
おのずと安定した賃貸経営に繋がります。
その逆は何もせずに放置。ただ賃料を下げて入居者を維持する。
【入居者の質】は下がり当然の事ながら管理するのは厳しくなっていきます。
結果、大切な資産価値は下がりオーナー様にとってみてはいい事などひとつもありません。
実は【入居者の質】を下げない事がリフォームをする事の1番のメリットだったりします。
最適な3つの方法[当社からのご提案]